事務局 のすべての投稿

「安定」は教師という仕事の魅力の一つ

baby

景気が悪くなると、民間企業では「リストラ」が行われます。もちろん、うまく転職できれば良いでしょうが、元いた会社よりも良い待遇で再就職できる人は、多くありません。

また、退職を迫られないまでも、子会社に出向させられたり、大幅に給料が下がったりすることもあります。

一方で、公立学校の教師にはリストラがありません。よほど信用を損ねること(飲酒運転で事故を起こしたり、児童生徒にわいせつ行為をしたり…)をしない限り、辞めさせられることもなければ、急に給料が下がることもありません。

最近は「安定」のために資格を取ったり、語学を習得したりする人もいます。でも、資格や語学力があれば、職選びに困らないかといえば、そんなことはありません。

弁護士資格を有していても、事務所に就職できなかったり、仕事がなかったりして、経済的に不安定な人もいます。弁護士がそうなのですから、他の資格は言わずもがなです。

そう考えると、こと「安定」ということに関していえば、公立学校の教師(教育公務員)は、公務員としては特に「最強」の部類と言えるかもしれません。

以前、結婚相手に望む条件として、「安定した経済力」を挙げる女性が増えているというニュースが出ていました。また、結婚できない理由として、「経済的に不安定だから」を挙げる男性も少なくありません。

マイナビニュース 結婚相手に求める条件とは

そう、教師になれば、結婚もしやすくなるし、家庭も持ちやすくなる!…なんて言うと、「そんな理由で教師を選ぶな」と怒られそうですが、幸せな家庭を作ることに重きを置くのなら、教師という仕事は大きなアドバンテージになるはずです。

一方、女性の視点から見ると、育児休業を取りやすいことが、何よりも魅力です。

もちろん、民間企業にも育児休職制度はあります。ただ、会社によっては、取得後の復帰が大変だったり、上司に良い顔をされなかったりすることもあります。そのため、出産を機に退職する人も少なくありません。

一方で、職員室に目をやると、子どもが2人、3人いながらバリバリ働いている女性教師が大勢いることを目にします。その背景には、

・職務的に、教師としての専門的スキルがあれば、スムーズに復帰しやすいこと
・育児休業が最長3年まで取得できること
・育児休業中の給付金が充実していること
・復帰後の「短縮勤務」制度などがあり、子育てがしやすいこと
・女性が多い職場のため、育児休業を取得する「文化」が根付いていること

などの理由があります。このうち、給付金については、休業前の給料の約半分が支給される(八尾坂修監修『教員をめざす人の本』123頁)わけですから、民間の人からすれば大変うらやましい話です。

男性にとっても、女性にとっても、教師という仕事が、安定した生活を送るうえで恵まれていることがお分かりいただけると思います。

教師の給料は民間企業と比べてどうなの?

日本円

教師になろうか、それとも民間企業に行こうか…。そう悩んでいる学生にとって、やはり気になるのがお給料です。教師の給料が、果たして民間よりも「高い」のか「低い」のか。ごく簡単にですが、比較をしてみました。

まず、公立学校の教師ですが、総務省が公表する「平成24年地方公務員給与実態調査結果の概要」によると、小中学校の教師の月の平均給料(諸手当を含む)は40万5,388円です。「そんなにもらえるの!」と驚く大学生がいるかもしれませんが、これは全教員を含めた平均値の話。初任者は、20万円前後です。

一方で、民間企業はというと、国税庁が公表する「民間給与実態統計調査」によると、約34万円(平均年収408万円を12ヵ月で割った金額)。

軍配は教師に上がります。採用試験に合格することの大変さ、人に知識や知恵を教えるという仕事の特性などを考えれば、ある意味で妥当なところかもしれません。

ただ、単純に比較できない部分もあります。まず、教師には残業手当がつきません。その代わりというわけでもありませんが、一律4%の「教職調整手当」が給与額に上乗せされます。平均給料40万5,388円には、この「教職調整手当」が含まれていますが、実際には4%では到底足りないくらい、勤務時間外に明日の授業準備などの仕事をしている教師が多くいるのも現状です。

教師という仕事は、仕事とプライベートの境目があいまいです。勤務時間終了後でも、子どもが何か問題を起こせば、呼び出されることがあります。部活動の顧問になれば、休日も指導に借り出されます。校長先生になれば、地域の行事に呼ばれることも少なくありません。

そう考えると、「アフター5」があって、基本的にONとOFFが明確な民間企業人との給料差(約6万5,000円)は、あってなきものに等しい…と言えるかもしれません。

 

ただ、教師によって、忙しさには差があるのも事実です。月の残業が200時間近い人もいれば、残業がほとんどない人もいます。この差がなぜ出てくるかはあらためて解説しますが、いずれにせよ、教師になるのならば多少の残業は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

 

仕事が「忙しい」「大変」と思うか否かは、その人次第です。教師の中には、授業を少しでも面白くするためにと、プライベートの時間を割いて、教材研究に明け暮れる人もいます。

 

それは、「やらされている」のではなく「やりたくてやっている」のであり、その先生にとっては「大変」というより「楽しい」時間にほかなりません。そんなふうに、仕事を「楽しい」と思えるようになれば、残業という意識は薄れることでしょう。

 

教師の12か月

廊下を歩く女性教師とはしゃぐ小学生女子

学校の1年は4月に始まり、3月に終わります。その大まかな流れは、日本の小中学校に通った人なら分かるでしょうが、ここでは「教師目線」で、学校の1年(3学期制)を見ていくことにします。

まずは4月。入学式始業式があります。最初の大仕事は「学級(クラス)開き」。担任として、児童生徒の前に初登場し、メッセージを語ります。特に小学校の場合、ここで何を語るかが、学級づくりを進めていくうえで、とても重要になってきます。さらに、年度最初の授業参観・懇談会があります。保護者への信頼を得るはじめの一歩です。

5月には家庭訪問があります。多い日は1日に7~8軒も回ることがあり、皆さんが想像している以上にハードです。しっかりと道順を調べて回らないといけません。なお、最近は、居間に上がらず、玄関先で終わらせることも多いようです。また、家庭訪問そのものを実施しない学校も増えてきています。

6月は比較的落ち着いた時期。そのため、多くの学校に教育実習生がやってきます。受け入れる側になるとわかりますが、これがなかなか大変です。必要に応じて教育実習生をフォローし、不十分な単元は再授業をすることもあります。

7月には、通知表の作成があります。これが結構ななかなかの大仕事です。30~40人分の成績を間違いなくつけ、所見欄を書くのに悪戦苦闘する先生も少なくありません。

8月は夏休み!と喜びたいところですが、お休みなのは子どもたちだけ。教師は民間企業と同じで、お盆休みがある以外は通常勤務です。研修に参加したり、教材研究に励んだりします。

9~11月にかけては、運動会(体育祭)文化祭(学芸会)などの大きな行事が立て続けにあります。子どもたちにとっては楽しみな行事ですが、裏方の先生方は大変です。他の先生と協力しながら、計画立案や準備に忙殺されます。それ以外にも、校内外における研究発表会など研修の成果を問う時期でもあります。

12月には再び、通知表づくりです。年賀状は書く先生と書かない先生がいますが、書く場合は、差出人住所を学校にするのが最近では一般的なようです。

1月~2月ごろになると、そろそろ教科の進捗状況が気になります。遅れ気味なクラスの先生は、焦りも出始めるころですが、この時期はインフルエンザが流行する時期。学級閉鎖が追い打ちをかけることもあります。

そして3月は、卒業式修了式があります。小6や中3の担任は、卒業準備に追われます。加えて通知表や指導要録の作成もあります。教師にとっては、1年で一番忙しい月です。

こうして見ても、学校には毎月、何らかの行事やイベントがあります。教師は、それら行事・イベントの計画・準備をしつつ、通常授業をするわけですから、なかなか大変です。中学校の場合、部活動の顧問になれば、各種大会やコンクールなども入ってきます。

なお、最近は運動会(体育祭)を5月ごろに開催する学校もあります。これは、9~11月には他にも行事が多く、忙しさを緩和するための措置でもあります。また、2学期制を採用している自治体もありますが、これも教師の負担を減らし、子どもとの時間を増やすための措置と言われています。

教師の多忙さを緩和するための工夫もいろいろと進んでいるようですが、大変なことに変わりはありません。1年間をしっかりと乗り切る「スタミナ」が必要そうですね。

教師の1日(小学校編)

Elementary school students raising hands

教師の1日は、どんな感じなのでしょうか。ある小学校に勤務し、4年生を受け持つA先生の1日を見ていくことにします。

A先生の起床は、午前6時。そうです。教師の朝は早いのです。身だしなみを整えて、食事をして、7時すぎには自宅を出て、自動車で学校へ向かいます。

学校に着くのは午前7時40分頃。もう職員室には数人の先生が来ています。一番早いのは教頭先生で、毎朝7時に来ているそうです。8時前には、ほとんどの先生が顔を揃え、授業の準備などをしています。

8時15分からは職員室での朝の打ち合わせ(朝礼)があり、校長先生や教頭(副校長)先生からの連絡などがあります。その後、子どもたちの待つ教室へと移動します。

先生が「ガラリ」と戸を開けると、騒がしかった子どもたちが一斉に席に付きます(こうなったら、大したものです)。時刻は8時30分。日直の号令とともに、教室での1日が始まります。

最初は朝の会。出欠を取りながら、子どもたちの健康状態を把握します。最近は10分ほど「朝の読書」をする学校も多いようです。

1時間目の授業は8時40分~9時25分。小学校は45分授業、10分の休み時間があって、9時35分から10時20分までが2時間目の授業です。A先生は、休み時間もなるべく子どもたちと過ごすようにしています。

小学校の場合、2時間目と3時間目の間の休み時間は通常よりも長く、20分ほどあります。(地域によって「中休み」「大休み」「業間休み」などさまざまな言い方があります。)職員室に戻る先生も多いですが、A先生は教室や運動場で、子どもたちと一緒に過ごします。

その後、3時間目、4時間目と授業が続きます。空き時間はなく、4時間連続の授業なので、大変です。4時間になると、子どもたちの集中力も切れてくるので、気合を入れ直します。

午前の授業が終わるのは12時20分。ようやく、うれしい給食の時間です。給食係が配膳を済ますと、日直の号令で「いただきます」。もちろん、先生も教室で、子どもたちと一緒に食べます。A先生は班の中に入り、子どもたちの様子をよく観察しながら、クラスの人間関係や一人ひとりの健康状態を把握するそうです。

給食の後は、お昼休み。ここでもA先生は子どもたちと一緒に過ごします。休み時間中にけがをしたり、トラブルを起こす子どもも多いので、その対応に追われることもあります。続いて掃除の時間があり、教室や廊下などで、子どもたちの様子を見守ります。

午後の授業は13時40分から始まり、最終の6時間目が終わるのは15時20分。「帰りの会」で初連絡を行い、子どもたちを帰らせた後、ようやく一息つくのは、だいたい16時前くらいです。

これで1日のお仕事終了!…と言いたいところですが、そうは問屋が卸しません。放課後も、教材のプリントを作ったり、学級通信を作ったり、校務をこなしたりと仕事はたくさんあります。

職員会議や研修会が行われる日もあれば、A先生が所属する教務部の会議が行われる日もあります。一応の退勤時間は16時30分ですが、その時間に帰れることは、まずありません。

夜7時過ぎにようやく学校を後にしたA先生は、8時少し前に帰宅。遅めの夕食をとった後、少しだけテレビを見るなどして過ごした後、10時すぎから書斎へ。1時間ほど子どもの提出物の確認、テストの丸付けなどをします。こうした「持ち帰り仕事」をする先生は少なくありません。

風呂に入って、ようやく布団に入れるのは、深夜0時ごろ。いつもクタクタで、布団に入ると5分もたたないうちに、深い眠りに落ちます。これがA先生の1日です。

こうして見ると、教師という仕事がいかに大変かが分かります。朝は早く、学校ではほとんど気を抜くことができず、帰宅後も仕事に追われる…。常に「教師」として振る舞うことが求められ、自分の時間を持てるのは、夜の1~2時間程度です。この点についてA先生に話を聞くと、意外な言葉が返ってきました。

「慌ただしいですが、忙しいとは思いません。民間企業の中には、これよりもハードな人はいるでしょう。子どもと過ごすのは楽しいし、教材研究や校務も苦痛だと思ったことはなく、むしろどうしたら授業が楽しくなるか、クラスが盛り上がるかといつも考えています。さすがに夜はクタクタになりますが、心地良い疲れといったところですね」

これぞ教師の鏡ですね。

教師の1日(中学校編)

塾講師に勉強を教わる女子中学生

「朝が早い」「忙しい」「持ち帰り仕事がある」などは、中学校の教師も同じです。ある中学校に勤務する社会科のB先生の1日を見てみましょう。

B先生の起床は、なんと朝の5時。冬場はまだ真っ暗です。身だしなみを整え、朝食をとりながら新聞の主な記事に目を通します。その後、5時40分に家を出て、電車で学校へ向かいます。

学校に到着するのは6時30分。顧問を務めるバスケット部の朝練習に付き添います。朝練習は他にもいくつかの部で行われていて、他にも出勤している先生がいます。

8時少し前に朝練が終了。着替えを済ませて、8時15分からは朝の職員集会(朝礼)に参加。校長先生や教頭(副校長)先生からの連絡事項を聞いた後、担任を務める2年生の教室へ向かいます。8時30分からは朝の会。生徒たちに諸連絡を行います。

その後、一旦職員室へ戻り、授業の準備を整えて、1時間目のある3年生の教室へ。1時間目の開始は8時45分。朝、新聞で読んだニュースなどの話を交えながら、公民の授業を進めていきます。中学校の授業は50分。休み時間は10分間です。

9時35分に1時間目が終わると職員室へ。2時間目は空き時間。といっても、お茶を飲みながら一息…というわけにはいきません。授業で使う教材の準備をしたり、小テストの採点をしたりしていると、あっという間に50分が過ぎていきます。

続く3~4時間目は授業。12時35分に午前の授業が終わると、自分が担任するクラスへ行き、生徒たちと一緒に給食を食べます。生徒たちの様子を把握するうえでも、この時間がとても大切だとB先生は言います。

午後は、5時間目が空き時間で、6時間目が授業。公民を教えたり、歴史を教えたりと、頭の切り替えが大変です。

15時25分に6時間目が終了。その後、掃除の時間、帰りの会が行われ、放課後となるのは15時55分です。B先生は職員室へ戻り、職員会議などがない日は着替えを済ませて、部活動の指導へ向かいます。

夏場は18時30分まで、部活動があります。部員全員が帰宅するのは19時前。しっかりと見届けた後、着替えを済ませて職員室へ戻ります。

これで退勤…といきたいところですが、空き時間でこなしきれなかった校務を片付けなければいけません。いつも、学校を出られるのは20時すぎです。

夜9時前に家に着き、食事を済ませてなんだかんだしていると、あっという間に就寝時間になります。プライベートなことで過ごす時間は、ほとんどないくらいです。。

B先生は、他の先生に比べても校務が多く、忙しいほうだと言いますが、同じような毎日を送っている先生は少なくありません。こうして見ても、教師という仕事の大変さがよく分かります。

そんなB先生ですが、「日々、事務的に割りきって仕事をすれば、もう少し楽になると思います。でも、生徒たちのことを考えると手は抜けません。少しでも楽しい授業をして、一人ひとりの学力を高めたいとの思いが、仕事の時間を自らの仕事量を増やしているのだと思います」と話します。